新婚夫婦やカップルが性病検査を受けるメリットと検査料金の比較

ブライダルチェックといえば、「将来出産を望んでいる女性が妊娠前に受ける検査」というイメージが強いかもしれません。

しかし最近では男女で性感染症(STD)がないか調べることも多く、付き合い始めのカップルも性病検査を受けるようになりました。病気があればしっかりと治療できるので、安心したお付き合いをしていけます。

1.二人で性病検査を受ければ大切な恋人に性病をうつさないで済む

無症状でも性病にかかっていることは少なくありません。あるクリニックのブライダルチェックでは、無症状の人でも1~2割になんらかの疾患が見つかっています。

クラミジア感染者のうち、男性は50%が、女性は80%が無症状といわれています。

パートナーが風俗遊びをしていたりセックスフレンドがいないとしても、過去のパートナーから性病をもらっている可能性はあります。

2.結婚前に性病検査することで出産リスクを抑えられる

無症状の性病は検査なしにはわかりません。

子供を作るためにはコンドームを使わないでセックスすることになりますが、コンドームなしのセックスでは性病がうつる可能性がとても高いです。そして性病にかかっている状態では不妊の原因となりますし、妊娠した際にもお腹の子供に影響が出てしまいます。

「今後は特定のパートナーのみと性交渉する」という段階で性病検査をすることで、出産のリスクを少しでも抑えられるます。

3.検査を受けるタイミングとして一番良い

一度も性行為をしたことをない人を除けば、誰だって性病に感染している可能性はあります。(厳密には親からうつっている可能性もありますが)

しかし相手に「性病検査してくれない?」とは言いづらいですよね。ほとんどの人が、なんらかの症状がなければ性病検査を受けてません。自分の体に違和感を感じてから始めて病院へ行ってます。

結婚前や付き合い始めのタイミングだからこそ「せっかくだから一緒に性病検査しよう?」と言えるわけです。自分も一緒に検査するわけですから、性病検査を受けてくれます。

おすすめのカップル性病検査と検査費用の比較

検査をおすすめする性病は「HIV」「梅毒」「クラミジア」「淋菌」、そしてのど検査(咽頭クラミジア+咽頭淋菌)です。

当サイトとしては「のど検査だけは絶対にするべき」という方針です。フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスで喉だけ性病感染しているケースは多いです。しかも、のどのクラミジアや淋菌は無症状のケースが特に多いため、検査しなければ分かりません。

性器検査(尿やおりもの)で陰性でも、のどに感染していれば相手にうつすリスクがあります。

性病検査業者として大手の下記3社を比較します。

  • STD研究所
  • GME医学検査研究所
  • ふじメディカル

性病2種類+のど検査

クラミジア+淋菌+のど検査

カップル価格 割引額
STD研究所 20,415円
GME医学検査研究所 18,590円 2,070円
ふじメディカル 16,550円

性病4種類+のど検査

検査項目:クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ+のど検査

カップル価格 割引額
STD研究所
GME医学検査研究所 19,530円 2,170円
ふじメディカル 21,600円

性病6種類+のど検査(☆おすすめ)

検査項目:HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ+のど検査

カップル価格 割引額
STD研究所 32,400円
GME医学検査研究所 24,510円 2,730円
ふじメディカル 26,600円

できるだけ多くの性病を徹底的に検査するならSTD研究所がおすすめ

STD研究所にはカップル割引がありませんが、女性12項目・男性10項目検査のキットセット(合計価格 44,010円)があります。

STDチェッカータイプT(女性用)
B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア・HPV(悪性)・一般細菌

STDチェッカータイプU(男性用)
B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・マイコプラズマ・ウレアプラズマ・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア

色々紹介されたけど、結局はどれを受ければいいの?

コストパフォーマンスに優れたGMEの性病6種類+のど検査の男女ぺアセットがおすすめです。代表的な性感染症をチェックできるだけでなく、365日の検査体制で結果が出るのも早いです。

次点では、一番詳しく調べられるSTD研究所の「チェッカータイプT女性用」+「チェッカータイプU男性用」がおすすめです。